2019年10月23日

湧清水5型お手入れ

こんにちは。朝晩の気温も少し涼しい季節となりました。風邪など引かないよう注意したいものです。





本日、数年前湧清水を設置させて頂きましたお宅へ、ふらりと立ち寄ってみました。



数年ぶりの訪問。調子を聞きますと。
『少し撹拌の回数は増えたかなぁ〜でも、池の調子はすこぶるいいよ』との嬉しいお言葉

普通なら、よかったよかったで帰るのですが




DSC_7812.JPG




撹拌の回数が少し引っかかりまして…

『そおぉっと覗いてみてごらん』で、蓋を開けますと。

数年ぶりのゴミというか、ヘドロというか。




DSC_7811.JPG


これは大変と!急遽お掃除へ!


DSC_7813.JPG


ヘドロを取り出し移す時には『ペチョ!』と顔に飛んできます。


DSC_7814.JPG




ヘドロを取り除き、洗浄する事30分!

これくらいのレベルならでしょう

DSC_7815.JPG


ハニカムはお客様が掃除してくださり、復旧!

DSC_7816.JPG














今年も来ました!
50部限定のカレンダー




来年はきれいな『花』を飾っていただけますよう。


そして、新しい来年のカレンダーにはしっかりと『令和2年』文字が。





DSC_7817.JPG

















posted by みらい at 19:01| Comment(0) | 湧清水97−10型更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

手押しポンプの修理

こんにちは。
季節は初秋!
今年も残すところ3ヵ月となりました。
そんな事を考えますと、「夏休み」が終わると今年もあと3ヵ月なんですね〜

子どもの頃は、この「夏休み」が終わり新学期を迎えますと、次の夏休みを指折り数えたもんです。
『あと12ヵ月もある
なんて言っていました。
そして、『なんで秋休みはないかね〜』なんてことも言う出す始末…

さてさて今回は手押しポンプの修理を紹介させていただきます。
去年もアップしたような…
今回もアップさせていただきます。

お寺さん管理されているとある墓地です。
お参りに来られた方々が生花と手向けたり、墓石を洗ったりと何かとお水は使うものです。
そのお水をくみ上げるポンプです。
お盆の季節でもあり、お参りの方々もチラホラと。

パッと見壊れていないように見えますが、少し不自然のようにも見えます。

DSC_7649-21ecc-thumbnail25B15D-f7e08-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg

シャフトがポッキリと
『だめだこりゃ』といかりや長介さん風にぼそり…
と、聞えたのか、向こうの方から…
『そのポンプはこわれていますよ〜』との声が。


『ありがとうございま〜す。そのこわれたポンプを見に来たポンプやさんで〜す』と返すと、場内にズッコケるかと言わんばかりの笑いと、ほのぼのとした空気が(笑)


DSC_7650-thumbnail25B15D-4fc36-thumbnail2[1].jpg


お盆過ぎての、部品注文、発送となる事をご住職に告げると、秋のお彼岸に間に合わせて頂きましたらとの回答を頂きました。
秋のお彼岸?
調べてみました。秋分の日を中日とした3日間だそうな。なるほど!
ちなみに春は、春分の日。それを考えますと季節を追うごとに先祖へのお参りを欠かさない、日本人の民族性、信仰心がうかがえる様な気がします。宗派等で違いはあるものの年間を通して手を合わせる。そんなCMもありました!『手のしわと、しわを合わせて…』

と!

話は横道それましたが。
本題に戻ります。

部品交換のため分解作業と。ヘッド部、ワンゴム、シャフト部交換なのでほぼほぼ全分解となります。

まずは両腕を

DSC_7651-thumbnail2[3].jpg

少し軽くなったかな?
取り外して内部を開けます。

DSC_7653.JPG


シャフト部も取り出します。
ピストン部分も分解。

DSC_7654.JPG

ゴム製の部品は取替ていた方がいいです。
ゴム劣化が次の故障の原因にならないように替えます。

DSC_7656.JPG

組み立て完了です。

DSC_7659.JPG

無事に修理を完了しました。

ここも油切れ起こして故障しないように、金属との摩擦面にもグリスを塗布しときます。
油だけに『油断は禁物!』

DSC_7657.JPG

そして、今度は呼び水を差し復旧です。

油を差し、水を差しと大忙しだななんて、少しおかしなひとり言(笑)



今朝の朝刊に興味深い記事がありました。
姿消す『水道のない町』
どういった内容のニュースかと読んでみましたが…いいのか、わるいのか内容が私の頭に入ってこ… ないよう(笑)な
どちらにせよ、水道の普及が整備され、我が国においての給水の安定が喜ばしい出来事なのでしょう。
ダムからの取水、河川からの取水、そして地下水からの取水と様々な方式で取水できるアジアの島国日本。
しかし、それが当たり前では無いという事だけは肝に命じておきたいと。
お水に嫌われないよう、水と人との関係を大切に!

DSC_7660.JPG




私も晩酌で毎晩お世話になっておりますお酒も、清らかな地下水で蒸留されているそうな。
その肝に命じておく肝を労わりながら…

今晩もお世話になりま〜す。

秋休み何でないんかな〜?

まだ言ってる…







posted by みらい at 17:14| Comment(0) | 工事実績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

童心にかえって!ポンプ屋さんラジコンに挑戦!

こんにちは。
季節は初夏。青い空と清々しい風を感じさせる季節となりました。
そして、そろそろ梅雨入りでしょうか。南の沖縄は梅雨入りの便りも。
今年の梅雨は長いとの事を新聞の記事で見ました。
令和元年、災害のない年でありますように。


今回は童心にかえりモノづくり

男の子のあこがれラジコン!にチャレンジ

プラモ屋さんにて購入
プロポからボディからシャーシまで購入
ワクワク感とドキドキ感が入り交じり帰宅
部屋に広げてみました

DSC_7387.JPG

で、仕事から帰宅して工具を手に、コツコツと組み始めまして
ドライバーだ、ニッパーだと仕事以上にサクサク工具が走ります。

line_1558872181912.jpg


努力の甲斐あり土台となるシャーシの完成


line_1559297522051.jpg


そしてボディの塗装
ここはけっこう気を使いまして、塗料が垂れないようにな何度も重ね塗り、下地に白も塗りまして。

DSC_7408.JPG

仕上げはデカールと!途中、ボディには保護フィルムが貼ってあるという事に気づき(悪友のS氏より教えてもらう…)

数か所のデカールが失敗に!痛恨のミス!
肩を落とす事数分…凹みましたが…




気を取り直し仕上げにかかりまして

じゃじゃ〜ん

完成

line_1559476433804.jpg




小学生のころ、このラジコンカーに憧れていた私。当時は高価なものでとても小学生の私には手の届かない雲の上の存在でした。
ここ最近、(悪友sの一言より)ふと思い出しまして『それもいいかも』と購入に至りました(笑)
改めて、この高価なおもちゃを組み立てるにあたって、『モノづくり』とは?を考えさせられたような。

プラモデルの奥の深さ、大げさではなくこんな事を考えながら作ってたりと。



まずは、何をするか、作るかから始まります。
それが自分の選んだ課題となり完成のイメージを持って。
箱を開けるワクワクドキドキ。
作製にかかる前の部品のチェックから。
取り扱い説明書を見ながらの組み立て。図面を見ながら各部品の名称やらと結構学べるのかな?
ニッパー、ドライバー工具を握っての作業、工具の正しい使い方。
モーターと車輪の回転の仕組みとか。
接着剤を使う場合はどうしたらしっかり着くかとか。
塗料はどうしたら綺麗に載るかとか。色々。

飯も食わずに打ち込む集中力!(良い子はご飯を食べましょう)
そして、出来上がった時の感動!
はしゃいで私はSNSやらでアップしまくり。これはほどほどにしましょう。
親子で作るのもいいかもです。

このラジコンの箱の中身はただのラジコンだけではなく、モノづくりの原点が詰まっているようにも思えました。




愛車と記念に1枚

同じ顔だ

DSC_7411.JPG

モノづくりの原点
フィルムをはがさずデカール貼る私は減点

(笑)

では













続きを読む
posted by みらい at 19:29| Comment(0) | その他の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする